NOTES

TITLE

20180420 鳥のようなわたしたち

UPDATE : 2018.04.20

こんにちは、季節の変わり目に何だかいろんなところが傷む写真妻です。

胃とかね。ええ、それは飲み過ぎ食べ過ぎいつものこと、ですけど。

 

あ、そういえば二、三日前から右足の小指が痛いんですよ。

なんかぶつけたかなんかで、突き指?ねんざ? 歩くと地味に痛いです。

それで思い出したんですけど、むかしNBAにいたシャキール・オニールが足の小指を骨折か何かしてオリンピックかなんかの大会に出られなかったことがありましたよね。

シャック、身長216センチ。バッシュのサイズ、41センチ。

そんなべらぼうにでっかくて強くてアホほどギャラを貰っていた男ですら痛いんです、足の小指。

確か当時シャックはコービーと仲が悪くてドリームチームに入るのが嫌だとかゴネていて、足の小指はおそらく仮病の言い訳だろうって思ってたんですが、まぁまぁ痛いですね、実際。20年の時を経て知りました。ごめんシャック。

…というエピソードを夫に話しても覚えていなかったのでネットで探してみたんですが、ソースがどこにも出てこないんです。夢じゃないと思うんですけどねー どなたか覚えてないですか?

シャック!!憎らしいほど強かったですよね。

ちなみにわたしはコービーのファンでした。ベタだけど。

 

 

あれ……えーと、写真妻日記でしたね、これ。

すみません最近ちょっと忙しいとすぐ心がどこかへ飛んで行ってしまうんです。

酒をください。

 

…で何だったかな…

そうそう、夫が最近ドローンの練習をしています。

とっても楽しそうです。

 

飛行禁止区域ってのがありまして、街中では許可申請が降りないと飛ばすことができないので、往々にして河川敷とか海岸とかで飛ばすことが多くなります。

 

海はいいですよね。

先日も若狭の方へ出張があり、その際などは昼寝休憩時間を惜しんで飛ばしていました、夫。

 

とても好天で、遠く若狭富士までよく見渡せる春の海。

 

 


先月、恒例の南あわじ市沼島に遊びに行った際も。

 


 


 

気持ち良さそやなぁ

 


 

ときにはトンビといっしょに飛行したり。

 


 

あ、トンビはたまにいっしょに飛んでくれるんですって。

鳥もいろいろで、カモメは逃げる、カラスは威嚇してくるんだそうです。

へー。

 

 

で、その頃わたしは

 


 

もちろん貝ひろい。

カモメといっしょに砂浜でちまちまと。

 


 

 

お互いに時間を有効に使えて最高です。

ああ、海。今すぐ飛んでゆきたい。

 

海の近くの現場のご依頼、めちゃめちゃお待ちしてまーーす!!!!

 

 



TITLE

20180212 何処へ行っても

UPDATE : 2018.02.12

こんにちは、感慨しきりなうの写真妻です。

何故かってそれは今やっと、夫が机の上の片付けを始めたから。

 

机の上、そこには夫が1年にわたって積み重ねてきた書類の山があります。

やっとです。夫。

何しろそこを片付けないと、確定申告の書類やレシートのファイルに辿り着けないのです。

この10ヶ月ほど、なだめたり脅したり叱ったりしましたが夫の耳に念仏。

そんな夫が、やっと。

 

それはそれは、感慨深いものがあります。

さぞ今夜の酒は美味いだろう。

 

…まだ片付け「始まった」ばかりですけど、ね。

 

 

 

 

 

さて。

先日、ベトナムへ行って来ました。

 

 



 

中部の都市ダナンを拠点に、ランタンの夜景で有名なホイアン、古都フエなど。

以前のインドヴァラナシの時のように恐れ慄くこともない、気楽な旅です。

夫はこの旅のために機動力重視のカメラを新調したようです(ええ、もちろん事後承諾です)。

写真妻はiPhoneですが。

 

 

毎日あほほど歩き回りましたが、観光やショッピングにはまるで興味がわかない我々。自然と足は街の奥へ。

 









 

街の人びとの、生活の風景。

 

バス移動中の車窓からも。

これがとても楽しい。

 


















 

雨の車窓もたまらなく良くて。

 











 




 

ずっと見ていたかった。

 

世界中、何処へ行っても我々、やっぱり好きな風景は変わりません。

人の、街の、営みの風景。

 

今回も、たくさんの景色に出会えました。

 

 

 

え?なんですって?

いつものアレがないじゃないかって?

 

ご安心ください。飲んでますし食べてます。

 






 

やーベトナム、食べ物が美味しくて美味しくて。何食べても美味いんです。

裏通りの老舗家庭料理屋から屋台のバインミーの夜食、街の人でいっぱいの食堂でブンチャーカーの朝ごはん。

三食ずっとベトナム料理でも全然飽きません。もちろんお腹も壊さず。

こういう「飯ハイ」みたいなんはインドの「三食ずっとカレー」でも味わいましたが、旅の醍醐味の一つですね。

で、ベトナムはビールがうまい。

特にお気に入りはラルーっていう地ビール。ガブガブ飲みました。昼から。

最の高です。

ベトナムありがとう。また来るよ。必ず。ねえ夫よ。

 

 

 

と、いうわけで帰って来まして、夫が机の片付けを始めた今夜の晩酌は、干物と明太子、白菜のお浸し、味噌汁と白米。そして日本酒です。

旅先は旅先の飯と酒、そして帰って来る場所はやっぱりここ。

 

旅先の鮮やかで賑やかな色彩と、日常の淡い、静かな色あい。

どちらも豊かで、美しく、愛おしいのです。

TITLE

20180125 モデルやってます

UPDATE : 2018.01.25

こんにちは、めちゃくちゃ寒いですね。

寒サニマケヌ丈夫ナカラダヲ持った写真妻です。

寒がりのくせに寒いのは割と好きなんですよね、着込めば良いし。

冷たくなった鼻の頭、毛糸の帽子、ミトン、灯油ストーブの匂い、おでん、熱燗、こたつで丸くなる猫、こたつで飲むビール。

好きなものがいっぱい。

 

 

さて先日発売された新建築 住宅特集2018年2月号に弊舎撮影の写真が掲載されています。

撮影したものが一つの形になって多くの方々の目に触れる機会を得るというのはとてもありがたいことですね。

嬉しいです。

 

夫も掲載誌の写真を撮るのがとても楽しみなようです。

 

住宅特集


 

いつも猫の力を借りて撮ってるわけです。

せこいです。

しかもしかも、実はマタタビパウダーを使って猫をおびき寄せていやがります。

ほんまにせこいです。

どうりで猫たちがいつも下ばかり向いているわけですよね。

 

タトアーキテクツ / 島田陽建築設計事務所


 

フッ、ばらしてやったぜ。夫め。

 

 

そんなこんなで我が家の猫たちはいつもモデルを(知らぬ間に無理やり)させられているわけですが、実はわたくし、写真妻も割とモデルをやっています。

 

フフン。

えええーまじかよ身長150cmちょっとしかないくせに。

わかります。でもやってます。

 

今回の住宅特集にも写っております、写真妻。

 


ん?どれ?どこ?

足です。中二階を颯爽と歩いている足。

 

そしてもう1カット。

 


 

あ、これはわかるわ、階段の人やろ?

いえいえ、ちゃいますよ。地下ですよ地下。よーく見てください。地下の角にある白いモヤっとした物体。

あれわたしです。亡霊じゃないです。

 

 

そんなもんです。建築写真ですから。

キラキラの美しいモデル写真を想像された方は(いないとは思いますが)すみません。

 

関係者の方々はお察しいただけるかと思いますが、人物像を入れたカットが欲しい場合というのがどうしても出てくるのです。

そしてその場にお施主様やもっとフォトジェニックな誰かがいれば良いのですが、いない時は…お察しください。

不詳写真妻が身を呈して頑張ります。

 

 

階段を何度も何度も上り下りし、無駄にウロウロしたり

 


 

高いところ苦手なのに、屋根の上やら梯子の上に登ったり

 


 


 

「お母さん」を演じたこともありました。

 


 

そりゃあもういろんな場面を演じます。

たとえ足だけ出演だろうが、暗がりで亡霊のような写りだろうが。

恥ずかしかろうと辛かろうと怖かろうと、デクノボートヨバレ  ホメラレモセズともやります。

なんたってモデルですから。

 

ご依頼、お待ちしております。

TITLE

20180108 無事是名馬

UPDATE : 2018.01.08

明けましておめでとうございます。

正月も七日を過ぎたというのにまだ酒を飲む口実を探している写真妻です。

三が日は楽しかったなぁ、ご馳走食べて昼間っから酒を飲んでも叱られないし。

ずっとお正月なら良いのに、と言ったら夫に叱られました。

フンだ、夫のクセに。

 

 

昨日、京都競馬場に行ってきました。
今年初の、競馬観戦。

 

 


寒ーい競馬場の芝生の上でビールを飲み、健気に走る馬たちを眺め、馬券に一喜一憂する。

幸せです。

「競馬場の芝生の上で飲むビール」以上に幸福で美味しいビールはそうそうありません。

ホントですよ。

嘘だと思ったあなた、是非一緒に競馬場に行きましょう。

 

 

この日は、昨年の有馬記念優勝馬、キタサンブラックの引退式でした。

言わずと知れた北島サブちゃんの所有馬で、生涯成績20戦12勝、うちG1はJRA史上最多記録に並ぶ7勝をあげている、正真正銘の名馬です。

しかもめちゃイケメン。デカくて黒くてシュッとしてる。

強い、賢い、美しい。三拍子揃った好いおとこ。

 

その名馬が、我々ファンの前で最後の走りを見せてくれた。

 

 


 


 


 


 


 


 


 


 

最終レースもとうに終わり、ぐっと冷え込む暮れゆく競馬場で、本当にたくさんの人がその勇姿を目に焼き付けていました。

我々も、もちろん。

泣きながら。

 

毎年何千頭と生まれてくるサラブレッドのうち、この日を無事に迎えられる馬が何頭いることか。

尊いです。

 

 

無事是名馬。酒だ酒だ、祝い酒だ。

また飲むのかなんて野暮は言いっこなしですよ。

良いんです、小正月まではまだ松の内だもの。ね。

 

 

で。です。

実は本題はここからなんです。

 

競馬場に行く度に夫が

「もっと良いカメラが欲しい」「もっと凄いレンズが欲しい」

と宣うのです。

今回もまた、

「あのカメラで、あのレンズがあったらもっと大きくて綺麗な競馬写真が撮れるで〜あっちゃん」

と。

あんたこないだドローン買うたとこやろ?またなんか買うんかえ???

 

…でもこんな美しい場面に出くわすと、

「買え買え、どんどん買うてええで!」

とつい言ってしまいそうになります。

危ない危ない…

 

 

 

あ、まるで関係ないのですが、本日、やっとこさ今年の年賀状が印刷から上がってまいりました。

大変遅くなり申し訳有りません、今から書きます。

だ、大丈夫、まだ松の内ですもんね? ね???

 

 

TITLE

20171231 駆け抜けろ!!

UPDATE : 2017.12.31

こんにちは。酒はもういい、水が欲しいと思っている写真妻です。

嘘です。酒を下さい。

 

 

いやあ、今年も年末酒の陣、駆け抜けました。

4日連続、京都大阪神戸と忘年会三都物語。

大人数立食からホームパーティ牡蠣祭りやら少人数しっぽりまでどれもこれもよう飲みました。楽しかった!

そういえば、京都の某設計事務所主催の大忘年会で、初めてお会いした方に「あ、ブログ読んでます。酔っ払ってよく道に寝てる人ですよね」と言われたんですよ。

さ、最近はそんなことしてないですよ、や、嫌だなぁ、と返答したんですが、夫から動かぬ証拠を突きつけられました。

 


 

やっとるやないかーい。わーい。ウフ。

 

…そんなこんなで二日酔いを通りこし三日酔い四日酔い、青タン2ヶ所たんこぶいっこ、脳みそも肝臓胃腸も湧いた状態で本日、大晦日を迎えたわけですが、例年のごとくなーんにも年越しの準備はできていませんでした。〆縄作って数の子豆仕込んだぐらい。

 

 

けれども今朝、フラフラしながら顔を洗いに洗面所に行くときに、風呂場のドアで強かに顔を打ち(またたんこぶが…)、そこで神の啓示を受けたのです。

「しゃんとせえ」と。

はい。スミマセン。

 

おかげでやっと夫婦揃って本気だして台所や玄関の掃除を。

普段しないくせにこうなると本気を出す夫のおかげでピカピカに。やるやん夫。

 

 

それで満足し、ピカピカになった台所でキノコとあさりのリゾットを作って、昨夜録画しておいたキタサンブラックの番組を観て泣きながら赤いぶどうを樽で発酵させて作った飲みものを飲んでおったわけです。

 


 

キタサンブラックといえば先日の有馬記念。観ましたか? 素晴らしかったですね。我々当日は撮影で、休憩時間に車の中でiPhoneの小さい画面で観て号泣したものです。あんまり泣いたものだから化粧がとれ、その後の夕景撮影はほぼスッピンで(Mさんスミマセン)。いやあ、競馬って本当に良いものですね。馬券は外したけれど。祭りだ祭りだ〜

 


 

…ん?なんですって?そうじゃないだろう?

…そのコップになみなみ入った飲みものはワインではないのかですって?

…へー、そうなんですか…ふーん、知らなかったなあ。

 

 

仕方ないからやりますよ。

今からラストスパート。ご馳走つくります!

そして酒だ酒だー!

まだまだ酒の陣は続きます。駆け抜けるぜーーー!!

 

 

 

というわけで、皆さま本年もお世話になりました。

こんな感じの我々夫婦ですが、どうかどうか、来年もよろしくお願いいたします。

 

笹の倉舎  笹倉洋平 アツコ タラ イクラ

 

 


 


 


 


TITLE

20171121 竣工しました

UPDATE : 2017.11.21

こんにちは、ご無沙汰のくせに風邪で目と喉から火が出そうな写真妻です。

 

夫からうつされたんですけどね。2週間ぐらい風邪ひいてゲホゲホやってる夫を看病し蹴飛ばしどやしつけながら頑張ってきたんですが、とうとう負けてしまいました。

 

夫め。

 

だいたい夫は去年のちょうど今頃も風邪をひいていました。

そう、思い出すだに悲しくなる、涙の下関出張

 

ムキーーーー夫め!

 

 

 

風邪をひく前、我が家の温室が竣工しました。

といっても、毎年冬に作っている、木製トレリスに棕櫚縄わたしてビニールを貼っただけの超簡易なものなんですけどね。

 

 


 

開閉式です。

 

 


 

中には、寒さに弱いアフリカ球根と多肉たち。

 


 

夫に竣工記念写真も撮ってもらいました。イクラさんと。

 


 

これで冬も万全。どんと来い寒さ!

 

 

え、こんなの作ったりしてたから風邪悪化しちゃったんだろうって?

いやいやそんなことないですよ。

断然、夫のせいです。

だから治ったらおいしい酒を飲みにつれてってくれ、夫よ。

 

こんにちは、おなかがへった写真妻です。

そろそろお昼ご飯だな。

 

先日、香川県高松市に撮影に行きました。

草屋根の小さな家です。我々大好物。

 


といっても夫はへっぴり腰。

 


そりゃ怖かったですけどね。

 


 

 

実は今回、撮影の合間に、お施主さんのお宅に子猫がやってきました。

翌日から新しい家族になる、「ねこすけ」ちゃん、生後2ヶ月半。

 


ファーーーーっっっこねこ!!!ちいさい。

 


これは何?天使?それとも小悪魔?

お施主さん、建築家さん、我々、みんな大騒ぎ。

 

 


 


 


いったい我々は、何を撮りにきたのでしょう…

とか思わなくもないですが、仕方ないんですよね、だって子猫だもん。

 

 

てなわけで楽しく撮影を終え、

 


草屋根も夜の闇に解けたあとは

 

 

 

やっぱり酒です。

 


 

今回もいきつけの鍛冶屋町みや崎さんで舌鼓。

 


 


 

実は今回は前乗りしてまして、都合ふた晩、高松の街で飲み歩きました。

初日はここ。

 


 

 


不思議なことにわたくし、ふた晩とも、店を出た後の記憶がないのです。

いつどうやって店を出て、宿に帰って風呂に入って寝たのかまるで覚えていません。

どういうことでしょうね。アハハ。ハハ…

 

…すまない、夫よ。ありがとう、夫よ。

 

 

翌日はこれもまた大好きな仏生山温泉へ。

 


安定のかき氷。

 


ほんで一鶴でおやどりとビール。

 

 

撮影、子猫、ご馳走、酒、温泉、かき氷。酒。

完璧。

これぞ出張。

 

 

 

 

こんにちは、毎度おなじみ、やさぐれ写真妻です。

今日はまだ飲んでませんし二日酔いでもないですエッヘン。

今回のタイトルに覚えがあるそこのあなた。懐かしいやら恥ずかしいやらで頬を赤らめていますね。わたしもです。映画の内容は全く覚えていませんし加勢大周は今どこへやらですが、あのサザンの曲だけは未だに聴いてます。頬を赤らめながら。

 

というわけで夏が終わってしまいましたね。

今年はいつもよりも短かった気がします。夏。

 

我が舎はやっと先日、夏休みを。

といっても淡路島なんですけどね。

近場の楽園へ、夫の誕生日祝いをかねて。

 

 

 


 

いつもの南あわじ市の大好きな民宿で

 

 


 

なーんにもしないで温泉に入って昼寝。

そして絶品料理。

 


 

 

翌日は海へ。これも恒例、沼島のビーチ。

ビーチといってもはや9月、しかも曇天、肌寒い。午後から雨予報。

だーれもいません。

 

でもいいんです、目的は泳ぐことじゃない。

 

これ。

 


 

これをやらないと夏が終わんないんです。

 

夫は泳いでましたけどね。

ついつい泳いだはいいけれど寒くて上がって来られないの図。

 


 

夫、40になりました。

スミマセン、うちの夫が。

 

 

 

わたしはといえば、相も変わらずずーーーーーっと貝を拾っては海をながめていました。

 

雨の海もとても好きです。

 

 


 


 


 


 

 

 

ほんでもって帰ってからこれまた恒例のこれ。

 



 

あーー楽しかった。

晴れた海で泳ぐのは、また来年のお楽しみ。

さよなら夏。

 

さ、明日からまた頑張ります。

TITLE

20170816 盆ソワール

UPDATE : 2017.08.16

こんばんは、スランプ真っ最中の写真妻です。そしてもちろん例によって二日酔いです。

ここのところブログをサボっていたら、数人の方に「最近更新されてないですね」と言われいろんな意味で恐縮しています。ま、まさか見ていただけていたとは。

もうプレッシャーに押しつぶされてさらに更新が滞るってもんです。

やってられません。ふて寝です。酒もってこい。

 

みなさん今年の夏はいかがお過ごしでしょうか。

SNSなどをみているとあっちでもこっちでも夏のバカンス真っ最中的な投稿がもうわさわさと。

うらやましくて酒ばかり飲んでしまいます。

 

我が舎の今年の夏といえば…

 


こんなところで

 


こんな人たちと

 


こんな感じで撮影をしたり

 

 

 


撮影後にゲリラ豪雨の琵琶湖で猫の家族といっしょに雨宿りしたり

 

 


 

 

 


 

 

 

 


地上30階の高さでちびりそうになりながら撮影したり

 


 

 

 

 


清水寺の門前で観光客にまぎれて撮影したり

 

 


撮影後、うっかり夜間拝観なんて行っちゃったり

 

 


こんなの観ちゃったりしてます。

 

 


妖怪はいいなあ。

 

 

 

あれ、何だかんだ言って楽しい夏っぽいな。

充実してる感じだぞ。

 

 

…全部仕事やないかーい!

 

危うく夫に騙されるところでした。

わたしの夏のバカンスはいつになったら訪れるのでしょう。

どっか行きたーーーーーい。

こら夫よ。

 

 


うらめしや。

 

 

仕方ないから今日も家で晩酌です。

新物のさんま。

食べ終わったら近所の盆踊りへ。

少しずつ秋の気配も感じちゃったりしてますが、まだまだ夏です、よね。

 

 

TITLE

20170603 海のそばで

UPDATE : 2017.06.03

こんにちは、珍しく二日酔いじゃない写真妻です。

やれば出来るんですよ、わたしだって。

そのかわり、晩酌のアテは何にしようって考えてますけど。

鰈の煮物がメインで、初収穫のキュウリはタコと若布の酢の物に、そろそろ名残のチシャ菜はお揚げさんと一緒に炊こうかな。トウモロコシご飯で〆だ。とか。

 

 

ところで、先月はたまたま海のそばの物件の撮影が二件ありました。

もう目の前が海。

一日中、潮の匂いと波音。

二件ともお天気もよく、これ以上ない穏やかな凪。

 

当然、ずっと見ちゃいますよね、海。

 

朝も

 

昼も

 

夕方も

 

あ。もちろんお仕事はちゃんとしてますよ。

こういうよそ見をする余裕こそが良い写真につながるんです。(本当か)

 

 

それにしても

 

 

良いなあ、海。

いつか、海の近くに住んでみたい。

 

別荘でもいいんやで、夫よ。