NOTES

TITLE

20170418 庭でのこと

UPDATE : 2017.04.18

こんにちは、のたうち回っている写真妻です。

え、どうせまた二日酔いだろうって?

違いますよ、嫌だなぁもう。

今日はまだ飲んでませんよ。まだ。

 

では何故にのたうち回っているのかと言いますと。

先日夫に言われたのです。

 

「最近写真妻ブログ、ネタ切れちゃう?ワンパターンやで」

 

……くっそーーーーー!生意気な!夫のくせに!!

 

だいたい仕方ないじゃないですか。これが日常なんだから。

仕事して、飲んで、二日酔い。

もしくは遊びにいって、飲んで、二日酔い。

もしくは家でゴロゴロして、飲んで、二日酔い。

 

なんか問題あります??

 

 

でもなんか悔しいので、今日はちょっと雰囲気を変えて、我が家の庭のことを。

 

我が家は借家なのですが、小さな庭があります。

以前わたしは植物関係の仕事をしていたので、庭つきの家、というのが家を探す絶対条件でした。

 

といってもほんと、猫の額のような庭なんですけどね。

 

 


 

庭の至る所に好きな植物を植え、季節を愛で、ちまちまと世話をするのはわたしの楽しみです。

 


 

猫たちも庭が大好き。

猫を庭で遊ばせるために、撮影がない日は、朝から夫が庭でぼーっと座っていたり、コーヒーを入れたりしているのですが、ご近所の人たちからはきっと(またあの家の旦那さん庭で猫と遊んでる…仕事してないんやろか)等と噂されていることでしょう。フッ。

 


 

何しろ猫たちと過ごす庭での時間は我々にとってなにものにも代え難いのです。

 


 

で、その庭の端っこの狭い狭いウナギのような通路で、申しわけ程度のコンテナ菜園もやっておりまして、

 


 

これがまた楽しいのです。

 


 

 

 

 

 


 

 


 

採れた野菜はもちろん食べます。

 


 


 

いかんせん狭いので、たいした量は作れないのですが、夫婦二人分の食卓は楽しませてくれています。

庭で収穫した野菜を観ながらその日の晩酌のアテを考える。

これがまたね、良いんですよ。

 

 

今朝はミニ人参がたくさん採れたから白和えにでもしようかな…それとも普通に生のままマヨネーズつけてかじるのも良いな…ビールかな…やっぱり冷酒かな…

 


 

とかね。

 

結局酒の話しかい!って?

やっぱりそこはね。はずせないんです。

 

 

あぁ、でもやっぱりもうちょっと広い庭と畑が欲しいなぁ。

 

ねぇ夫よ。

 


TITLE

20170207 これぞ出張

UPDATE : 2017.02.07

こんにちは、やっと酒が抜けた写真妻です。

先夜はどうしたことか飲んでいる途中から全く記憶がなく、翌日、一緒に飲んでいた人々から全く身に覚えのない報告を次々とされて震え上がりました。曰くグラス持ったまま倒れたとか、トイレに行ったまま帰ってこなかったとか。

何それ。

いくらなんでもそれはないでしょう。覚えてないからって話し盛ってないかえ?

我覚えず、故に我にあらず。

 

と思っていたのですが、先ほど腰に巨大な青タンを発見してしまいました。

もうダメかもしれません。

 

 

ところで先月のおわりに広島市へ出張に行って参りました。

 

IMG_0062

片道4時間以上かかる、ということで前乗りです。

ということで。

 

IMG_0113

ですよねー。

 

IMG_0120

ねー。

 

で、翌日はしっかり朝から夕刻まで撮影。晴れすぎってくらいのお天気で。

冬の晴れの日は光を追っかけるのが忙しいんです。

 

そしてその夜も

 

IMG_0132

そりゃそうですよねー。

 

IMG_0138

ねー。

破廉恥なくらいのプリン体と酒を浴びました。

広島ボテンシャル高!

 

 

もちろん空いた時間にはいろいろ観て回りました。

 

IMG_0071

 

IMG_0077

 

IMG_0082

 

IMG_0142

 

IMG_0193

 

IMG_0182

 

IMG_0200

 

 

 

IMG_0150

 

夫も鹿と戯れ、

 

IMG_0206

 

清盛入道になりきり、大変楽しかった様子。

 

もちろんお土産に、地酒をたくさん買い込み、えっちらおっちら担いで帰ってきました。

早くちびちび飲み比べたい。

 

IMG_0221

 

 

「それって…ただの観光やん」

 

と思ったそこのあなた方!

そいつぁ言わぬが花ってもんよ。

おめでとうございます、そろそろ酒を抜きたい写真妻です。

 

年の初めにまずは謝罪を。

昨年末の忘年会ラッシュでさんざ醜態をさらしまして。関係者の方々、その節はご迷惑をおかけいたしました。

え、「別に今更驚かないしどんどん飲みなさい、そこがあんたの良いところなんだから」??

ですよねー!!!

 

 

スミマセン冗談です。

 

 

という次第で、例に漏れず正月の準備なぞはほぼほぼ出来なかったわけですが、これだけは忘れてはならない、我が家の大事な行事。

 

年始の家族写真。

我々夫婦と、ネコ二匹。

一年間、元気に過ごせました。

また一年、健やかに過ごせますように。

 

年の初めの豊富と決意なんて立派なことは似合わない我々の、唯一の願いです。

 

 

年賀オフショット

 

 

といってもまあお察しの通り、年賀状の写真をやっとこさ年明けに撮っているというのが真相です。ウフ。

 

 

ということで、今年もこんな感じですが、どうかよろしくお願いいたします。

 

 

笹の倉舎  笹倉洋平 淳子 タラ イクラ

 

img_8026

TITLE

20161118 こんなの初めて

UPDATE : 2016.11.18

こんにちは、今しがた急激に睡魔が襲ってきて戸惑っている写真妻です。

もう寝ちゃおうかな。

 

先日、下関へ出張に行って参りました。

私事ではありますが、山口県に降り立つのは生まれて初めて。

ましてや下関、もちろん一泊二日。

クライアントさんから「夜は一緒に飲みましょう」とのお誘いが。

この時期の下関、もしかしてもしかすると、フグ???フグやんなぁやっぱり。

てっさてっちり、もしかしたら白子。おまけに山口県は酒どころ、美味しい日本酒も一杯ある!

駅に着いたときから既にフグめっさ推し推しやで下関!

 

img_7320

 

 

と喜び勇んでいたのですが。

 

なぜか前々日あたりから調子の悪い夫。

昔から撮影がないとすぐ油断をする夫。

 

 

当日、下関に着いて

「わーー目の前すぐ九州だよ」「壇ノ浦だって!」「長州!」「マンホール図案がフグ!」

とテンション上がりっ放しのわたしの横で、真っ赤な顔をマスクで覆ってフウフウ言う夫。

撮影中、美しい紅葉と謎の廃墟に大興奮のわたしを余所に、真っ赤な顔でハアハア言う夫。

なんとか撮影を終え(よう頑張った)たころにはすっかりゆでフグ、いやゆでダコ状態に。

 

…やむを得まい。幸い今回は新幹線出張。

 

 

笹の倉舎初! 遠方出張なのに泊まらず、酒も飲まずに日帰りを決断!

スミマセンうちの夫が!!!

 

切ない。

 

 

 

フグでしっぽり日本酒のはずだったその日の夜

 

img_7359

新幹線の車中、チーかまとビール。

切なすぎる。

 

 

いつか下関リベンジだ。

たとえお仕事じゃなくても。

フグ顔してる場合じゃないぞ、夫よ。

 

%e3%83%95%e3%82%b0%e5%a4%ab

 

 

 

そんな波乱含みの出張だったのですが、

 

 

img_7325

 

img_7327

 

img_7328

 

img_7330

 

謎の廃墟も庭の木々も美しく。

 

 

img_7340

 

 

 

img_7344

 

img_7350

 

 

足をクロスさせてる場合ちゃうぞ、夫よ。

 

 

もちろんわたしは

 

img_7353

 

たとえ日帰りでも、夫が風邪でも。

 

 

 

追伸:

ということで、夫はなんとか快方に向かっております。

今現在はわたしが風邪っぴき。

寝ます。

 

皆さんもご自愛を。

TITLE

20161025 秋の山

UPDATE : 2016.10.25

こんにちは、前回の投稿が7月ということに驚きおののいている写真妻です。

あまりにも月日が早く流れすぎている。わたしが飲んだくれている間に。きっと何かの陰謀です。

嘘です。単なるサボリです。すみません。

 

とっくに夏も終わり、秋が始まったかと思っているうちに肌寒くなってきて、あれ、猫がくっついて眠るようになってきたね。そろそろあったかいスリッパ出したいな。炬燵はさすがにまだかな、って、季節がぱらりぱらりとめくれていきます。

 

そんな日々の間に、また山へ登ってきました。

「またレジャーじゃねえかよ!」とお怒りの皆様。ご、誤解です。

確かに我が舎、山にも登ってるし、北海道で馬に乗ったり酒魚に舌鼓うったし、伊豆では飲んで道に倒れたりもしてますが、ちゃんとお仕事もしてますよ。

いやだなぁ。

 

…というわけで、滋賀県にある比良山系武奈ヶ岳へ。

実はちょうど10年前、まだ我々夫婦が出会ってそう間もない頃にもこの山に登っているのです。懐かしいな。ウフフ。

…あ、失礼いたしました。わたしとした事が。

 

今回は、その同じ八ツ淵の滝ルート。

 

146996216232979615178_p7310002

 

 

デーーーン! ドクロマークいっぱい!

そうなんです、ここは標高の割に、この辺りでは割と本気でハードな登山道なのです。

いくつもの沢、滑りやすい岩場、崩れやすい崖、鎖やロープを伝って渡る谷…

いくら以前登っているとはいえ、あれから10年、寄る年波に衰える身体、大丈夫なのか?? 調子に乗って山ァ舐めてないか??

 

という心配はどっか飛んでっちゃうほどの秋晴れの日。

 

img_7472_s

 

 

少しずつ紅葉の始まった山道を、足取りも軽く出発!

 

img_6874

 

 

しかしすぐさま立ちふさがる難所!

 

img_6876

 

 

鎖を伝って急流を渡る。

あれ、以前に来たときこんなに水かさ多かったっけ? こんなに流れ早かったっけ?

 

img_6877

 

 

img_6916

 

さっそく水に足を突っ込む写真妻。

 

その後も

 

img_6920

 

 

腐った丸太橋や

 

img_6910

 

腐った木道や

 

img_7477_s

 

 

こんな難所がめじろ押し。

 

本当に危険な場所では写真撮れないほどのアスレチックなルートに四苦八苦。

ルートの標識は壊れていたり外れていたりして道もわかりづらく、コンパスで方角を確かめながら、岩がゴロゴロしている60度くらいの斜面をほとんど這うようにして急登し続け、何度も頭がぼーっとなったり口から何かが出そうになったりもう、もう足が一歩も動かなくなって、

 

ふとみると、

 

 

buna

 

こんなに場所にいました。

 

 

そして

_dsc1676_2s

 

 

_dsc1681_s

 

 

_dsc1683_s

 

img_6893

 

 

山頂で飲んだビールとカップヌードルのなんとうまかったことよ。

 

img_6906

 

下りはある意味登りよりも辛く、疲れてガクガク震える足で岩場を何度も踏み外しながら、こけつまろびつ。

登り約4時間、下り3時間あまりの小さな冒険でした。

 

 

もちろん下界に着いて薄汚れた繁華街でアホほどうまいビールを飲み、翌日からまるっと二日間の筋肉痛に苛まれた我々夫婦。

「イテテテ…」「オウッ」等と老人のような動きで撮影現場へも。

 

 

 

それでも早くも次の山歩きのプランを練っています。

一生懸命遊ぶのが我が舎のモットーです。(いま決めた)

 

 

 

おまけ

 

どれだけしんどくてヒィヒィ言ってても、やっぱりこういうのだけは探してしまいます。

アホやと呆れられてもね。

 

img_6926

 

こんにちは、今日はまだ一滴も酒を飲んでいない写真妻です。

すごいでしょう、エッヘン。

 

 

さてやっと梅雨もあけましたね。

ユーロカップもポルトガルの優勝で無事に終わりました。

ここへきて、梅雨入り前からずーっとのびていた撮影にもようやく取りかかり、ほっと胸を撫で下ろすわたしたち。

 

しかし暑いですね。

IMG_5247

 

 

我が舎の夏の定番ユニフォーム、ホームセンターの麦わら帽子と手ぬぐい。

今年も手放せない季節になりました。

 

 

ところでつい先日、広島県福山市に撮影に行きました。

久々の遠征です。

もちろん酒です。魚です。

ドーン。

 

IMG_5253

 

建築家のHさんのおすすめのお店。

思い出すだけで胸が苦しくなります。

また行きたい。

 

IMG_5258

 

二日間に渡る撮影を無事に終え、約半年ぶりにメロンさんにも会えたし、美味しい酒と魚も堪能して大満足。

 

IMG_5268

 

していたら、なんとお施主様が自前の船で瀬戸内海クルージングに連れて行ってくれました。

 

IMG_5272

 

 

クルーザーってなんだかセレブっぽいイメージだしゆったりシャンパンとか傾けたりしながら乗るものだと思っていたら大違いなんですね。

乗るのも下りるのも、トップスピードの向かい風も半端無かったです。

ジェットコースターみたい!

あまりの向かい風に、ふたりとも麦わら帽子のヒモが千切れました。

でも慣れると楽しい!

 

IMG_5281

IMG_5302

 

陸からでは見られない景色をたくさん見られたり。

思いがけず、夏休み気分が味わえた旅でした。

 

IMG_5294

 

 

 

とりあえず、麦わら帽子を買いにいかなくちゃ。

まだ始まったばかりの夏を乗り切るために。

TITLE

20160704 梅雨ですね

UPDATE : 2016.07.04

こんにちは、ここ一週間ぐらいずっと足がつっている写真妻です。

何かの呪いじゃないかと怯えています。

夫には「ただの運動不足」と言われてますけど。

 

さて、梅雨ですね。

雨がどっと降ったりどんより曇りだったり、かと思うと急に晴れて蒸し暑くなったり。

とかく天気が読めないのがこの時期の特徴ではありますが、我々にとっては死活問題です。

 

おかげで撮影が流れまくり。

「デスクワークが捗るわぁ」と最初は余裕そうにしていた夫でしたが、ものの半月もするともう悲壮な面持ちです。

毎日天気予報サイトを数社、数時間おきにチェックしてはため息をつき、くよくよ独り言をつぶやいています。

挙げ句悩みすぎたのか、手のひらに湿疹ができる始末。

フッ、つくづく小さい男よの。

 

そこへ行くとわたしは毎日快適にぐうたらし、酒を飲み、箱をつくり、サッカー観戦。

折しも現在、EUROCUP 2016 真っ只中、夜ごとに熱戦が繰り広げられています。

わざわざこのためにwowowに加入したわたしは勿論ほとんどのゲームを見ている訳ですが、

おかげで睡眠時間が減り、時差ぼけ気味でフラフラです。

仕方ないんですよ、EUROCUPは4年にいっぺんなんだからいいんです!

(…ってWORLDCUPのときも同じ事言ってますけどね)

しかも暇だし! 撮影流れるし!泣

 

 

あ、この前、timatimaの種子の箱の整理のために100個超、我が家で撮影をしていたんですが、なんと熱中症にかかりました。

集中しすぎて頭が熱くなっちゃったみたいです。文字通り。

子どもか。

 

きっと睡眠不足が影響してるんでしょうね…

 

IMG_4803

 

それもこれも全部、梅雨のせい。

 

 

今日は大変な暑さです。

せっかく晴れてるのに、こんな日に限って撮影は無し。

もう昼からビール飲んでふて寝します。

TITLE

20160606 壁

UPDATE : 2016.06.06

こんにちは、二日酔いを通り越して四日酔いくらいの写真妻です。

今日こそ酒を飲まないぞ。絶対だ。

 

…でもついさっき「せっかく休みだしお昼に水餃子が食べたいねー」と夫と話しておりまして。

水餃子にビールがセットじゃないとか意味が分かりません。よね。

 

なかなか現実の壁は高く、分厚いのです。

断酒の壁  <  水餃子とビール

 

 

そういえば壁が好きでして。

はがれた土壁とか、錆びたトタンとか。

ぐっと来ます。

 

IMG_3761

 

IMG_3765

 

IMG_3767

 

 

IMG_3850

 

IMG_3958

 

IMG_3851

 

IMG_2651

 

IMG_4247

 

IMG_4608

 

IMG_4610

 

IMG_3660

 

現場でよそ向いてiPhone構えている事が多々あって、よく夫に叱られますが、こういうフレーミング作業は癖なので、やめられまへん。

 

ビールもね。

 

TITLE

20160519 山登る

UPDATE : 2016.05.19

こんにちは。あまりにご無沙汰でアル中廃人説まで出ていると噂の写真妻です。

これを書いているいま現在、二日酔いで苦しんでいるので、あながち間違いではありません。

…フッ。

 

気づいたら五月も半分が終わっていました。すっかり初夏の気候です。

 

最近、山に登っています。

 

といっても高山登山のような本格的なものではなく、トレッキング程度のものですが。

実は10年以上前にはまっていたんですが、また再燃しました。

 

先月と、昨日。

先月は芽吹き始めたばかりの大和葛城山へ。

昨日は夫も一緒に大台ケ原を歩いてきました。

 

IMG_4418

 

 

国内有数の多雨地帯なのに絶好の好天!

さすが夫、レジャーは晴れます。

 

山、とても好きです。

息があがって汗をたくさんかいて、涼しい風が吹いて、

見えるものみな、美しくて。

 

IMG_4404

 

IMG_4421

 

IMG_3881

 

 

そして何と言っても下山後のビールが旨い。

正直、登りながらずっとこの後のビールの事を考えています。

 

IMG_3906

 

 

山に登っておりると日常もまた良いものだな、と思えてきます。

とてもシンプルに。

次はどこへ登ろうかな。

 

 

と、いうわけで、筋肉痛の夫と、二日酔いのわたし。

そんな日常も、またいとおしいのです。

 

 

こんにちは。すっかり抜け殻でおなかを壊している写真妻です。

 

 

「植物の箱」於 ippo plus が無事に会期を終えました。

4日間、本当にたくさんの方々にお越しいただきました。

当の本人がいちばん驚いています。

 

実はこう見えて人見知りなので、オロオロ後ずさったりコソコソ隠れたりしどろもどろな受け答えになったりして大変失礼しました。

酒を飲んでいないわたしなんて所詮こんなものです。

わたしが、この写真妻が、酒も飲まずに4日間も人前に出たことが奇跡のようです。

お酒飲んでたらもっと面白いんですよ。ホンマに。

 

 

実にさまざまな反応や感想を頂きました。

まだすべてを消化できていませんが、とても得難い経験になりました。

ヘンタイ植物談義になったり、子ども自然観察会になったり、膝をついて、寝転んで見てる人がいたり、突然口琴演奏ライブが始まったり…

 

2_s

 

儚く、それでいて力強い空間を作ってくれたippo plusの守屋さんと高橋くん。

美しい、宝物のような本を選んでくださった加藤さん。

陰に日向に支えてくださった綾子さん、そして夫。

感謝してやみません。

 

何よりも観にきていただいた皆さま。

箱を覗き込んでいる顔がとても楽しそうで、それがすごく嬉しかった。

本当に本当に、どうもありがとうございました。

 

1_s

 

 

怒涛の4日間が終わり、翌日は打ち上げの二日酔いと疲れで何もできず。

 

 

 

でも昨日、さっそく見つけてきました。

ツルニンジンとナギナタコウジュ。

 

IMG_3537

 

また今日から、採集、同定、箱作りの日々に、戻ります。

ちまちまと。淡々と。

 

 

 

 

_T9A9565

 

_C7A3710

 

_C7A3686

 

_C7A3810_u

 

_C7A3810

 

_C7A3783

 

_C7A3850

 

_C7A3871

 

 

_T9A9748

 

 

_C7A3618

 

_T9A9660

 

_T9A9714

 

_T9A9704

 

_T9A9769

 

_T9A9725

 

_T9A9720

 

_T9A9675

 

_T9A9717

 

_T9A9693

 

_T9A9816

 

_T9A9731

 

_T9A9827

photo:笹の倉舎